モロニー、キャリア初のKO負け…試合後は病院へ 陣営「井上は偉大」

[ 2020年11月2日 05:30 ]

WBA&IBF世界バンタム級タイトルマッチ   ○統一王者 井上尚弥 KO7回2分59秒 WBA2位・IBF4位 ジェーソン・モロニー● ( 2020年10月31日    米ラスベガスMGMグランド )

モロニー(左)を攻める井上尚弥(トップランク社提供) 
Photo By ゲッティ=共同

 プロボクシングWBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(27=大橋)はWBA2位、IBF4位のジェーソン・モロニー(29=オーストラリア)に7回KO勝ち。ラスベガスデビュー戦を鮮烈に飾り、WBA4度目、IBF2度目の防衛に成功した。

 モロニーはキャリア初のKO負けで2度目の世界挑戦も実らなかった。強打の井上に勇敢に立ち向かい、途中からフットワークも使って流れを変えようとしたが、パンチ力の差は歴然。試合後は病院へ向かった。マネジャーのトーリ氏はツイッターに「ジェーソンは元気だ」と記し、「残念ながら試合は一瞬で終わった。ピークを迎えている井上は偉大なパウンド・フォー・パウンド王者で間違いない」と称えた。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2020年11月2日のニュース