尚弥、次戦最有力はWBO王者カシメロ 米トップランク社CEO「3月までに予想される」

[ 2020年11月2日 05:30 ]

WBA&IBF世界バンタム級タイトルマッチ   ○統一王者 井上尚弥 KO7回2分59秒 WBA2位・IBF4位 ジェーソン・モロニー● ( 2020年10月31日    米ラスベガスMGMグランド )

バンタム級相関図
Photo By スポニチ

 プロボクシングWBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(27=大橋)はWBA2位、IBF4位のジェーソン・モロニー(29=オーストラリア)に7回KO勝ち。ラスベガスデビュー戦を鮮烈に飾り、WBA4度目、IBF2度目の防衛に成功した。

 次戦の相手として最も有力なのは、井上本人が候補の一人に名前を挙げたWBO王者カシメロ。4月に予定されていた3団体統一戦はコロナ禍で延期となったが、米トップランク社のボブ・アラムCEOは「井上―カシメロは3月までに予想される」と実現に前向きな姿勢を示している。

 カシメロは暫定王者だった昨年11月、正規王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)を下して王座統一。世界戦最速の11秒KOの記録を持つテテに3回TKOしたことで評価を大きく上げた。9月には、井上より一足早く防衛に成功した。

 WBC王者ウバーリは12月12日にドネアと激突する。この勝者は当然、4団体統一を目指す井上にとってはターゲットになる。ただ、トップランク社内には「井上―カシメロのような試合は観客を入れて行うべき」の考えもあり、カシメロにしてもウバーリ―ドネアの勝者でも有観客が条件となり、コロナ禍の影響は避けられそうもない。指名挑戦権を持つIBF1位ダスマリナス、WBA正規王者リゴンドーも井上との対戦を希望している。

 《カシメロ、井上を挑発》カシメロが井上との統一戦に意欲を示した。試合後に自身のツイッターを更新し、「Let’s get it on(さあ、やろうぜ)」とコメントしてフィリピンと日本の国旗を添えた。2日前には所属プロモーションのギボンズ代表が、亀のイラストに井上の顔写真を組み合わせた画像をアップ。「亀狩りだ」とコメントするなど井上への挑発を続けている。

 ◆井上 尚弥(いのうえ・なおや)1993年(平5)4月10日生まれ、神奈川県座間市出身の27歳。高校7冠などアマ通算81戦75勝(48KO・RSC)6敗。12年10月プロデビュー。14年4月にプロ6戦目でWBC世界ライトフライ級王座獲得。同12月にWBO世界スーパーフライ級王座を獲得し、7度防衛。18年5月に3階級制覇を達成した。WBSSではパヤノ(ドミニカ共和国)、ロドリゲス(プエルトリコ)、ドネア(フィリピン)を下して優勝。身長1メートル65、リーチ1メートル71の右ボクサーファイター。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2020年11月2日のニュース