ボクシング元王者らが声優に挑戦!「袴田事件」漫画に音声吹き込み公開

[ 2020年3月30日 11:31 ]

 日本プロボクシング協会の袴田巌支援委員会は、無実を訴える元プロボクサーの死刑囚、袴田巌さんの事件を描いた漫画「スプリット・デシジョン」に音声を吹き込み、28日から動画共有サービス「YouTube」での公開をスタートさせた。

 同委員会は昨年、より多くの人に少しでも関心を持ってもらうため、「袴田事件」を題材とした漫画を製作。作画には事件が起きた静岡市清水区出身で元プロボクサーの森重水さんを起用し、全6話を同協会ホームページ(HP)の特設ページなどで連載、英語バージョンも製作された。

 今回公開された音声吹き込み版は、ボクシング番組でナレーションを担当するなど声優の第一線で活躍する磯部弘氏がナレーションなどの主要部分を担当し、磯部氏の指導のもと元日本王者ら委員会のメンバーが声優として参加。毎月1話ずつ、全6話を順次公開する予定で、第4話では袴田さんの姉・秀子さんが自身のセリフ部分に音声を吹き込む予定だという。

 音声吹き込み版は、日本プロボクシング協会及び東日本ボクシング協会HP内の特設ページで閲覧できる。

 YouTube URL:https://www.youtube.com/watch?v=kho8ZZ4ozQI

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2020年3月30日のニュース