井岡一翔所属ジムが高田馬場移転 DANGAN AOKIジムに改称、木村翔は態度保留

[ 2020年1月12日 16:44 ]

井岡一翔(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(30)が所属するReason大貴ジムが埼玉・越谷市から東京・高田馬場に移転し、DANGAN AOKIジムに改称することが分かった。12日に都内で開かれた東日本ボクシング協会理事会で瀬端幸男会長が報告した。昨年12月31日付で休会した青木ジムの施設を使用する。

 青木ジムに所属していた大半の選手はDANGAN AOKI入りを希望。ただ、2月に中国で再起戦を予定している前WBO世界フライ級王者・木村翔(31)は態度を保留しており、瀬端会長は「15日までにはっきりさせる」とした。

 移転、屋号変更の届け出は済ませているが、規定では90日前の届け出が必要なため、正式稼働は3月中旬になる見込み。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2020年1月12日のニュース