尚弥、4・25ベガス「聖地」マンダレイベイで統一戦 来週にも発表

[ 2020年1月12日 05:30 ]

井上尚弥
Photo By スポニチ

 ボクシングのWBA&IBF統一世界バンタム級王者・井上尚弥(26=大橋)が4月に米ラスベガスで予定する次戦が、約1万2000人収容のマンダレイベイ・イベントセンターで行われることが分かった。契約を結ぶ米トップランク社のボブ・アラムCEOが10日、「日程と場所の選定は終わった。4月25日をターゲットに話を進めてきた」と明かした。「場所はマンダレイベイ?その通り。(リゾート運営会社)MGMがイベントのスポンサーになる。マンダレイベイもMGM傘下だ」と話した。来週にも中継局ESPNが正式発表するという。

 井上の相手はWBO王者カシメロ(フィリピン)か、と問われたアラム氏は「それはここでは明かせない(笑い)。ESPNの発表を待ってほしい」とかわした。マンダレイベイでは15年11月、当時のWBC世界スーパーフェザー級王者・三浦隆司(帝拳)が敗れたものの日米で年間最高試合に選出された激闘を演じた。 

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2020年1月12日のニュース