ボクシング年間表彰 最優秀選手候補に井上尚弥、井岡一翔ら選出

[ 2020年1月12日 17:00 ]

井上尚弥
Photo By スポニチ

 日本ボクシングコミッション(JBC)と東京運動記者クラブ・ボクシング分科会は12日、2019年の年間表彰ノミネート選考会を開き、最優秀選手候補にワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級トーナメント優勝を果たしたWBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)らを選出した。

 他の候補には日本人男子初の4階級制覇を達成したWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(Reason大貴)、WBA世界ミドル級王者に返り咲いた村田諒太(帝拳)、世界戦3勝のWBO世界フライ級王者・田中恒成(畑中)が名を連ねた。2月7日に発表、表彰される。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2020年1月12日のニュース