井上尚弥VSドネア WBSS決勝は11・7さいたまスーパーアリーナで開催

[ 2019年8月8日 08:40 ]

5つのチャンピオンベルトをお披露目する井上尚弥
Photo By スポニチ

 WBA&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(26=大橋)と5階級制覇王者でWBA世界同級スーパー王者のノニト・ドネア(36=フィリピン)が激突するワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級トーナメント決勝が11月7日、さいたまスーパーアリーナで開催されることが7日(日本時間8日)、WBSS公式サイトで発表された。

 井上は公式サイトに「ドネアは自分にとってレジェンド。決勝のリングで対戦できることを光栄に思う。(優勝者に与えられる)アリ・トロフィーを獲得するために最善を尽くす」とコメントを寄せた。また、ドネアの「日本での決勝と素晴らしい戦いを楽しみにしている。準備は万端。井上は素晴らしいファイターだが、彼に対して確実にゲームプランを立てられれば、アリ・トロフィーを獲得できる」と意気込みも掲載されている。

 井上は昨年10月に横浜アリーナで行われた1回戦でファンカルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)に70秒KO勝ち。今年5月に英グラスゴーで行われた準決勝ではエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)から3度のダウンを奪い、2回TKO勝ちで決勝に駒を進めた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年8月8日のニュース