王者・勅使河原 穂積氏から直接指導、手応え十分

[ 2019年8月8日 05:30 ]

東洋太平洋スーパーバンタム級タイトルマッチ   王者・勅使河原弘晶《12回戦》同級3位・大森将平 ( 2019年8月8日    後楽園ホール )

<東洋太平洋スーパーバンタム級タイトルマッチ>前日計量を一発パスした王者・勅使河原弘晶(左)と挑戦者の大森将平 
Photo By スポニチ

 前日計量が行われ、王者・勅使河原、挑戦者の大森ともにリミットで一発パスした。

 世界ランカー同士のサバイバルマッチ。勅使河原は4月と6月に2度の神戸合宿を行い、元3階級制覇王者・長谷川穂積氏から直接指導を受けた。「技術的なことはもちろん、ボクシングに取り組む姿勢なども教わった。これまでで一番伸びしろを感じた」と、手応え十分。勝てば世界挑戦の道も開ける大一番へ、「次のことは考えていない。大森を倒す、それだけ」と気合を入れた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年8月8日のニュース