ミドル級3団体統一王者、カネロ王座剥奪…ESPNが報じる

[ 2019年8月3日 05:30 ]

ミドル級3団体統一王者サウル・“カネロ”・アルバレス(AP)
Photo By スポニチ

 米スポーツ専門局ESPNは1日、IBFがミドル級3団体統一王者サウル・“カネロ”・アルバレス(メキシコ)の王座を剥奪したと報じた。IBFはセルゲイ・デレイビャンチェンコ(ウクライナ)との対戦を指令していたが、交渉が決裂したため。

 カネロは村田諒太(帝拳)が王座を持つWBAの同級スーパー王座、WBC同級フランチャイズ王座を保持。村田が対戦を希望する相手としても名前が挙がっている。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年8月3日のニュース