王座陥落…ロドリゲス 尚弥に完敗「言い訳はない」

[ 2019年5月20日 05:30 ]

ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ  バンタム級トーナメント準決勝   〇WBA王者・井上尚弥 TKO2回1分19秒 IBF王者エマヌエル・ロドリゲス● ( 2019年5月18日    英国グラスゴー・SSEハイドロ )

<WBSS準決勝井上尚弥・ロドリゲス>2R、苦悶の表情を浮かべるロドリゲス(奥)(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 井上の対抗馬に挙げられていたロドリゲスは完敗で2度目の防衛に失敗し、トーナメントから脱落した。

 1回こそ井上をロープに追い詰めたが、ボディーを効かされた2回の2度目のダウンでは鼻血を流しながら悶絶(もんぜつ)の表情。立ち上がったもののレフェリーにストップされ、「言い訳はない。準備は最高だった。敗北は誰にとっても痛いが、ここで止まるわけにはいかない」とSNSに記した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年5月20日のニュース