世界メディア驚いた!尚弥は決勝でも有利「童顔の暗殺者」

[ 2019年5月20日 05:30 ]

ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ  バンタム級トーナメント準決勝   〇WBA王者・井上尚弥 TKO2回1分19秒 IBF王者エマヌエル・ロドリゲス● ( 2019年5月18日    英国グラスゴー・SSEハイドロ )

<WBSS準決勝井上尚弥・ロドリゲス>2R、ロドリゲスから1度目のダウンを奪う井上尚弥(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 2試合連続1回KO勝ちに続き、事実上の決勝とも言われたロドリゲス戦を2回で終わらせた井上を、海外メディアも絶賛した。この一戦を“バンタム級最強決定戦”として認定ベルトをかけた米専門誌リングは、「モンスター以上の存在などいない。叩きのめされたロドリゲスに聞いてみればいい」と表現した。バンタム級での対抗馬にWBO王者テテ(南アフリカ)と元WBC王者ネリ(メキシコ)を挙げながらも、「どちらが相手でも井上が有利」と結論づけた。

 米スポーツ専門局ESPNは「横浜出身の童顔の暗殺者」と井上を紹介し、「パワー、タイミング、スピードとスリリングなショーで、決勝でも有利」と予想した。また、英紙イブニング・スタンダードは「井上がロドリゲスを破壊」と見出しをつけ、2度目のダウンを喫しても起き上がったロドリゲスを「愚かだったのかもしれない。次の瞬間に凶悪なボディーでまた倒されたのだから」と表現した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年5月20日のニュース