尚弥 KO勝利から一夜、効いたパンチ「一発もない」

[ 2019年5月20日 05:30 ]

ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ  バンタム級トーナメント準決勝   〇WBA王者・井上尚弥 TKO2回1分19秒 IBF王者エマヌエル・ロドリゲス● ( 2019年5月18日    英国グラスゴー・SSEハイドロ )

準決勝から一夜明け、空路グラスゴーを後にする井上尚弥(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 KO勝利の準決勝から一夜明け、井上はロンドンへと移動した。

 グラスゴー国際空港に姿を見せた井上は傷ひとつない奇麗な顔。「ちょっとは打たれましたけど、効いたのは一発もなかった」と、当然と言わんばかりだった。試合後には咲弥夫人や長男・明波(あきは)君とも合流し、祝福されたという。帰国後は家族旅行も計画中。ドネアとの決勝に向け、まずはエネルギーを充電する。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2019年5月20日のニュース