尚弥 259秒殺で決勝進出!怪物もはや神の域「余裕あった」

[ 2019年5月20日 05:30 ]

ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ  バンタム級トーナメント準決勝   〇WBA王者・井上尚弥 TKO2回1分19秒 IBF王者エマヌエル・ロドリゲス● ( 2019年5月18日    英国グラスゴー・SSEハイドロ )

<WBSS準決勝井上尚弥・ロドリゲス>2R、ロドリゲスから2度目のダウンを奪う井上尚弥(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 英国初上陸の井上尚弥(26=大橋)が2回に3度のダウンを奪ってエマヌエル・ロドリゲス(26=プエルトリコ)にTKO勝ちした。WBSS決勝に駒を進めるとともにIBF王座を獲得。今秋に予定される決勝では5階級制覇でWBAスーパー王者ノニト・ドネア(36=フィリピン)と対戦する。ボクシング発祥の地に衝撃を残した井上は19日にロンドンへ移動、21日に帰国する。

 鮮やかな照明に彩られたリングで井上が拳を突き上げる。2回だ。強烈な左フック一発で最初のダウンを奪うと、さらに左右のボディーを浴びせ、19戦全勝のIBF王者を計3度ひざまずかせた。

 「ロドリゲスを相手にこの勝ち方、そして勝利を手にすることができてホッとしています。このグラスゴーで思い出深い一日になりました」。日本人選手の欧州での世界戦は19戦目にして初勝利。英国のファンに強烈なインパクトを与えた井上は少し興奮気味に喜びの言葉を口にした。

 両者がハイスピードでパンチを繰り出す高度な技術戦。珍しく井上が空振りする場面もあった。だが、1回の3分間で相手を見切った。「余裕はありましたね。1ラウンドが終わった時に負けはないと思った」。力みを修正し、“もう一人のモンスター”を料理するのに要した時間はわずか259秒だった。

 怪物を超え、神の領域に近づきつつある井上も人間。2月中旬に極度のスランプに陥った。冗談交じりに「ボクシングやめようかなと思った」と漏らすほどの“重症”だった。2試合連続1回KO勝ちで周囲の期待は高まり、それに応えようとする気持ちが力任せのスパーとなり、目指すボクシングとずれを生じさせていた。

 グアム合宿を含めて1カ月近くスパーを中断。その間に本来のスタイルを見つめ直し、スパー再開後は自らの技術を高めることだけに徹した。苦しみ抜いた末に出した“解答”に、「自分の中で重圧が砕けた感じ」。試合後の会見では“決着に2回を要した”と問われたが「やっぱ、そういう見方になっちゃいますか」と笑って返せるほどになっていた。

 決勝は「憧れの選手」と公言する5階級制覇王者ドネアが相手。米国を主戦場にフライ級からフェザー級まで制し、必殺の左フックを武器に「フィリピンの閃光(せんこう)」の異名を取るレジェンドだ。親日家で井上にとっては14年にWBO世界スーパーフライ級王者ナルバエス(アルゼンチン)に挑戦する前にアドバイスを受けた恩人。WBSSでは決勝でしか当たらない組み合わせとなったが、ともに勝ち上がり対決を実現させた。

 試合後のリング上では36歳の英雄にハグで祝福され、フェースオフでは尊敬の念を示すように笑みを交錯。ベルトや記録よりも心を揺さぶられるのは誰と闘うか、という井上は「優勝を懸けてドネアと対戦する。それに一番の意味がある」と力を込めた。

 ◆井上 尚弥(いのうえ・なおや)1993年(平5)4月10日生まれ神奈川県座間市出身の26歳。新磯高(現相模原青陵高)時代に高校7冠などアマ通算81戦75勝(48KO・RSC)6敗。12年10月プロデビュー。14年4月にプロ6戦目でWBC世界ライトフライ級王座獲得。同12月にWBO世界スーパーフライ級王座、18年5月にWBA世界バンタム級王座を獲得し、3階級制覇達成。身長1メートル65の右ボクサーファイター。家族は咲弥夫人と長男・明波(あきは)君。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年5月20日のニュース