井岡、再び日本人初4階級制覇挑戦 最後のチャンス「人生懸けて」

[ 2019年4月20日 05:30 ]

WBO世界スーパーフライ級王座決定戦   同級1位アストン・パリクテ(フィリピン)《12回戦》同級2位・井岡一翔 ( 2019年6月19日    幕張メッセ・イベントホール )

ミット打ちで汗を流す井岡一翔(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 元3階級制覇王者でWBO世界スーパーフライ級2位の井岡一翔が19日、埼玉県越谷市の所属ジムで会見し、6月19日に千葉・幕張メッセで同級1位アストン・パリクテと王座決定戦を行うと発表した。井岡が国内のリングに立つのは2年2カ月ぶりで、昨年大みそかに達成できなかった日本人男子初の4階級制覇に再挑戦する。

 失意の敗戦から109日。世界戦発表会見に臨んだ井岡は時折笑みを浮かべながら力強く快挙達成を誓った。

 「再起戦で世界タイトルができるチャンスなんてない。場所を問わず挑戦することが自分の中では大きいけど、このタイミングで国内でやれるのはありがたい。日本という地で必ず日本人初の4階級制覇をしたい」

 昨年大みそかにマカオでドニー・ニエテス(フィリピン)に1―2の判定で敗れて快挙を逃した。そのニエテスの返上によって再び巡ってきた王座決定戦。井岡は「最後のチャンス」と受け止めている。「負けるつもりはないけど、怖さや危機感はある。背水の陣。勝つしか次に進む道はない。人生を懸けてやる」と言い切った。

 ただ、悲そう感はない。ニエテス戦の敗因は戦略や展開の差と分析。階級を上げたことによるパワー不足は感じなかった。井岡は「やってきたことに間違いはなかった」と自負。「ここで結果を出して前回の敗北からのストーリーを完結させたい」と前を向いた。

 20日に渡米し、直前まで約2カ月、ラスベガスで強化合宿を行う。「良い環境で集中して質の高いトレーニングができれば」と井岡。パリクテについては「アグレッシブで若く、勢いもパンチもある」と印象を語り、1メートル73の長身に関しても「苦手意識はないけど、スパーリングパートナーと対策をしていきたい」と話した。

 勝てば、4階級制覇と同時に具志堅用高と14で並んでいる世界戦での勝利数も単独トップに躍り出る。国内ジムに復帰しての初戦、井岡が新たなステージへの第一歩を踏み出す。

 ▽4階級制覇 18年大みそかにWBO世界スーパーフライ級王座決定戦で井岡を下して達成したドニー・ニエテス(フィリピン)まで過去19人。6階級制覇のデラホーヤ(米国)、パッキャオ(フィリピン)、5階級制覇メイウェザー(米国)らを含む。日本人で4階級制覇に挑んだのは18年末の井岡のほか、15年10月に亀田興毅でともに失敗した。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年4月20日のニュース