【浜田剛史の目】チャンスあった和気…2回バッティングが後半響いた

[ 2016年7月21日 08:00 ]

11R、レフリーストップで無念のTKO負けとなった和気

IBF世界スーパーバンタム級王座決定戦12回戦 ○同級2位ジョナタン・グスマン 11回TKO 同級1位・和気慎吾●

(7月20日 エディオンアリーナ大阪)
 和気は2回に受けたバッティングのダメージが最後まで響いてしまった。グスマンは負け知らずの21勝を誇り、勝利が全てKOという戦績の持ち主。しかし、思い切りがいい分、パンチ力はあっても攻撃力に安定感を欠き、ディフェンス面も雑な選手だ。そこに和気のつけ入る隙は多くあった。そのために序盤、下がってもいいから動き回り、持ち味のスピードを生かし、とにかく先手を取ることが大事だった。

 それが2回、左をもらってダウンを喫する。このダウンより、直前に頭が当たったバッティングのほうが痛手が大きく、3回、5回とダウンを喫して劣勢を余儀なくされた。が、そうした中でも和気のパンチが効いているところもあった。6回以降、パンチが当たり始め、グスマンの疲労もあってチャンスが出てきたが、2回のダメージが痛く、最後はストップとなってしまった。

 残念な結果だったが、和気は手も足も出なかったわけではない。ガードを固めてインファイトができる幅があったら展開は変わっていたかもしれない。悔しい敗戦を今後のいい経験にしてほしい。(元WBC世界スーパーライト級王者)

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2016年7月21日のニュース