ララ 序盤優位に立つもKO負け「チャンスがあれば再戦したい」

[ 2016年7月21日 05:30 ]

2回、キービン・ララ(左)の顔面に右をヒットさせる井岡一翔

WBA世界フライ級タイトルマッチ12回戦 ○王者・井岡一翔 11回KO 同級6位キービン・ララ●

(7月20日 エディオンアリーナ大阪)
 豊富な手数で序盤優位に立ったララだったが、中盤以降は「ガードが下がって打たれてしまった」と悔しがった。

 母国ニカラグアの英雄、3階級制覇王者ローマン・ゴンサレスとも一緒に練習して準備したが、力及ばず。童顔の21歳は「井岡は偉大な王者だった。大人になって、(ガードが下がる)欠点を直し、チャンスがあれば再戦したい」と出直しを誓っていた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2016年7月21日のニュース