ドジャース・大谷 ナDH部門でトップ リーグ内の得票数は3番目に浮上 球宴ファン投票第2回中間発表

[ 2024年6月26日 01:30 ]

<ホワイトソックス・ドジャース>8回、犠飛を放つ大谷(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 7月16日(日本時間17日)のオールスター戦(アーリントン)のファン投票の第2回中間結果が24日(同25日)に発表された。27日(同28日)までの1次投票ではア、ナ各リーグの最多得票の選手のみ選ばれ、ナはフィリーズの一塁手ハーパーがドジャースの大谷に約26万票差をつけてリーグトップを維持した。

 アはヤンキースの外野手ジャッジが237万5199票で全体1位。

 日本選手は大谷が約177万票でナDHトップ、全体5番目で、リーグ内の得票数は第1回の4番目から3番目に上がった。

 カブス・鈴木が約31万票でナ外野手13位、レッドソックス・吉田が約18万票でアDHで9位だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月26日のニュース