ドジャース・大谷「あ!いた!」 エンゼルス時代に仲の良かったコーチとうれしい再会

[ 2024年6月26日 01:30 ]

インターリーグ   ドジャース3―0ホワイトソックス ( 2024年6月24日    シカゴ )

<ホワイトソックス・ドジャース>ホワイトソックス・テームズコーチと談笑する大谷(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 ドジャースの大谷は試合前にキャッチボールを行い、塁間ほどの距離で変化球を交えて60球投げ込んだ。

 終了後、昨季エンゼルス打撃コーチだったホワイトソックスのマーカス・テームズ打撃コーチの姿を発見すると「あ!いた!」と叫び、駆け寄った。

 試合前にダンスしたり、ベンチでバットに気合を注入してもらうなど親しかった。同コーチは「ショウ(大谷)のプレーを見るのはいつも楽しい。“状態が良い”と言っていた」と再会を喜んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月26日のニュース