ジャイアンツ メイズさん追悼セレモニー 全員背番号「24」で逆転サヨナラ勝ち

[ 2024年6月26日 01:30 ]

メイズさんの追悼セレモニーに参加したバリー・ボンズ氏(右)とメイズさんの息子(左)ら(AP)
Photo By AP

 ジャイアンツは、18日に93歳で死去したOBの名選手ウィリー・メイズさんをしのぶ追悼セレモニーをカブス戦の前に行った。

 通算762本塁打のメジャー記録を持ち、メイズさんが名付け親でもあるバリー・ボンズ氏ら親交のあった関係者や選手らが黙とうをささげた。

 選手全員がメイズさんの背番号「24」で臨み、9回に3点を奪って逆転サヨナラ勝ち。ボブ・メルビン監督は「本拠地で勝つことができた」と勝利をささげた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月26日のニュース