広島・大瀬良がノーヒットノーラン 5月の巨人・戸郷以来90人目で102度目

[ 2024年6月7日 20:53 ]

交流戦   広島4-0ロッテ ( 2024年6月7日    マツダ )

<広・ロ>ノーヒットノーランを達成し、ナインに祝福される大瀬良(左)(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 広島・大瀬良大地投手(32)が史上90人目(102度目)の無安打無得点試合を達成した。巨人の戸郷翔征投手(24)が5月24日に阪神戦(甲子園)で達成して以来となる。球団では12年4月6日DeNA戦の前田健太以来、史上5人目で09年開場のマツダスタジアムでは初の快挙となった。

 大瀬良は初回から軽快に飛ばした。2回に2死から中村奨に四球を与えたが、後続を退けた。140キロ台中盤の直球を軸に、カットボール、スライダー、シュートなど、多彩な球種を操り危なげない投球を続けた。100球を超えた9回もマウンドに向かい、自身初の偉業を成し遂げた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月7日のニュース