×

日本ハム・吉田 珍プレーで清宮から謝られた「あれはキヨさんが悪いです(笑)」

[ 2022年4月13日 21:35 ]

パ・リーグ   西武4―3日本ハム ( 2022年4月13日    ベルーナD )

<西・日>4回から2番手で登板しマウンドで躍動する吉田(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 日本ハムの吉田が執念の「バタフライ」を見せるなど、2回無安打無失点の力投を見せた。

 0―4の4回から2番手として救援登板。4回は3者凡退に抑えると、珍プレーが起きたのが5回だった。1死走者なしから岸を一塁へのゴロに打ち取ると、清宮がぼてぼてのゴロをファンブル。しかし、ベースカバーに走っていた吉田が好反応でグラブでノーバウンドキャッチすると、一塁ベースへつんのめって倒れ込みながらグラブでベースタッチし、アウトをもぎ取った。このプレーについて吉田は「一発でヘッスラ(ヘッドスライディング)しようと思ったけど、あまりに距離が遠すぎて地面をバタフライして」と苦笑いで振り返った。

 最後のオグレディに対しては、泥まみれになったユニホーム姿で投球。148キロ直球で空振り三振に仕留め、笑顔で一塁ベンチに戻った。清宮からは「ごめん、ごめん」と謝られたそうで、「あれはキヨさんが悪いです(笑い)難しい打球で捕り方が怪しかったので、あるなと思っていました」といたずらっぽく笑いながらもファンブルに備えた好判断が光った。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年4月13日のニュース