広島・野村 阪神・佐藤輝に満弾献上悔やむ 白星なく今季2度目の2軍降格

[ 2021年5月3日 05:30 ]

セ・リーグ   広島3ー7阪神 ( 2021年5月2日    甲子園 )

<神・広>5回途中、5失点で降板する広島・野村(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 広島は投打がかみ合わずに完敗。鈴木誠の適時打で先制も先発・野村が3―1の5回無死満塁で佐藤輝に逆転満塁弾を献上。今季最多の与四球4を数えて4回0/3を5失点で降板。「(被弾は)内角気味に入ってしまった。自分が狙ったところに投げられなかった」と猛省した。

 野村は今季5試合に先発し、いまだ白星がなく3敗目。試合後に早くも今季2度目の2軍降格が決まった。佐々岡監督は「(鈴木誠が)よく打ってくれたけど、それに乗っていけなかった(野村)祐輔が今日の敗因。今年は球の切れ、力もなく勝負できていない」と手厳しかった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月3日のニュース