中大が始動 五十幡、牧の穴も清水監督「守りを固める」

[ 2021年1月12日 12:02 ]

 東都大学野球リーグの中大が12日、始動した。コロナ下で入れ替え戦がなかったため、7校で争うイレギュラーな春季リーグ戦に向け、清水達也監督は「勝率制になるので勝ち点制の時以上に一試合一試合が重要で目の前の試合を全力で取りにいく。無駄な失点がないよう守りを固めて戦っていく。日程も不規則になると思うので特にピッチャーのコンディションをしっかり整えてゆきたいと思う」と話した。

 昨秋は東洋大、駒大と同率で最下位。攻撃の中心だった日本ハム2位指名の五十幡とDeNA2位指名の牧の穴を埋められるかが、19年秋以来の優勝への鍵となる。

 新主将でドラフト候補に挙がる古賀捕手は福岡大大濠時代にバッテリーを組んだ法大の右腕・三浦が同じく新主将に就任したことに刺激を受けた。「“まさか”と思いましたけど、同じ立場で頑張りたい。それもまた刺激になり、負けてられないなと思いました」

 牧の後釜の4番候補に挙がり、攻守にわたる活躍が期待される。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月12日のニュース