西武・今井が初打撃投手「昨日のブルペンより良かった」

[ 2020年2月4日 05:30 ]

西武・西口コーチ(奥)の前で打撃投手を務める今井(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 4年目の西武・今井が投手陣の先陣を切り、今キャンプ初の打撃投手を務めた。

 駒月と新人のドラフト5位・柘植(Honda鈴鹿)相手に36球。「昨日のブルペンより良かった。低めを意識した」と振り返った。昨季は自己最多の7勝を挙げたが「投球時に背中が反り、抜け球が多かった」と課題を挙げ、「今年はさらに数字を残したい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月4日のニュース