【キャンプ隠しマイク】西武・栗山 後輩の平良に感謝「よくできたハタチ」

[ 2020年2月4日 07:30 ]

 ◎御年65歳のDeNA・田代チーフ打撃コーチは「俺は年寄りだから朝早く目が覚めちゃうんだ。今日は3時に起きたよ」。もはや朝ではなく夜中です。

 ◎ロッテ・福田秀は囲み取材が終わった後にペンを落とした記者に向かって「“ペンは剣よりも強し”ですからね。落としちゃダメですよ」。機知に富んだ見事な対応です。

 ◎36歳の西武・栗山は、打撃練習で20歳の平良相手に安打性の打球を連発。気分良く打撃練習を終え「平良はよくできたハタチ(20歳)です」。打たせてくれた後輩への感謝の思いがにじんでいました。

 ◎阪神の矢野監督がプロ3年目の熊谷に新しいニックネームを付けました。「ヘイ!ジャニーズ!」。猛虎一のイケメンですが、さすがにあだ名の幅が広すぎます。

 ◎西武・辻監督は早朝ランニング終了直後に少女にサインを求められ「ちょっと待って。今は無理」と大きく深呼吸。同行した記者陣を見て「このおじさんたちに(サインを)書いてもらって」。少女も報道陣も驚きの表情でしたが、指揮官はすぐサイン。優しさがあふれてました。

 ◎約15キロの大減量で体重が数年ぶりに90キロ台となっている日本ハム・木田投手コーチ。目標クリアで食事制限を解除したようで「ポテチ、最高。安定して美味しいです」。リバウンドにご注意を…。

 ◎巨人・阿部2軍監督は育成のモタにノックを打ちながら「ムーチョ、ムーチョ、マネーよ」。スペイン語と英語で“頑張ればお金を稼げる”と鼓舞していたようです。

 ◎宿舎と球場の行き帰りの砂浜で貝殻を拾うことが日課の日本ハム・島崎2軍投手コーチは、報道陣にきれいな貝殻を見せ「これはきれいでしょ?100円でどう?」。商売を始めないでください。

 ◎ソフトバンク・工藤監督はベンチ裏ですれ違った選手に向かって「おお、ジイ。元気にしてるか?」。38歳のベテラン・高谷を激励していました。

 ◎楽天の新助っ人・シャギワは、午前中に報道陣とすれ違った際に「オハヨーゴザイマス!」と笑顔であいさつ。来日して間もないですが、積極的に日本語を勉強中です。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月4日のニュース