中日 モヤ、トレード決定も“あの施設”の存在にホッ「それを一番、考えていた」

[ 2019年7月1日 13:32 ]

スーツ姿でナゴヤ球場を訪れた(左から)松井佑、松井雅、モヤ
Photo By スポニチ

 オリックスへのトレードが決まった中日のスティーブン・モヤ外野手(27)が1日、「あの施設」の存在に安堵した。

 スーツ姿でナゴヤ球場を訪れたモヤは関係者らにあいさつを済ませると、室内練習場で松井佑とともに打撃練習に取り組んだ。

 2メートル1の長身を武器とした長距離砲で、ウエスタン・リーグでは56試合で12本塁打をマーク。移籍が決まり「新しい環境に慣れないと。オリックスというチームを助ける。そこに尽きる」と意気込んだ。

 モヤは昨季、ナゴヤドームでの試合後、隣接するイオンモールで食材を買い込む姿が度々、目撃されていた。オリックスの本拠地・京セラドームもそばにイオンモールがあり、報道陣から伝え聞くと「それを一番、考えていた。聞けて良かった」と一安心の様子。

 イオンという力強い味方の存在も知り、新天地で一花咲かせる。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年7月1日のニュース