2三振のペーニャ“満足”「見極めようと思った」

[ 2012年2月11日 06:00 ]

 ソフトバンクはメジャー通算84発のペーニャがシート打撃で長所と短所の両方をさらけだした。

 金無英(キム・ムヨン)から右中間二塁打を放ったが、以降2打席は連続三振。それでもペーニャは「後半の2打席はストライク、ボールと見極めようと思った」と日本のストライクゾーンを確認できたと満足した表情。「二塁打はライトに打ち返すことを考えて振った」と、収穫の方を強調していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年2月11日のニュース