東北・関東大地震 楽天、横浜は試合打ち切り

[ 2011年3月11日 15:30 ]

プロ野球のオープン戦の横浜―ヤクルトで、地震のためグラウンドに避難した選手や観客ら=11日午後、横浜スタジアム

 11日、東北地方を中心に強い地震があり、仙台市を本拠地とする楽天は選手の家族や関係者の安否確認が必要なため、兵庫県明石市で行われていたロッテとのオープン戦を8回表終了時点で打ち切った。先発した青山は「嫁は大丈夫だったが、泣きべそをかいていた。試合のことなんて忘れてしまいそう」と硬い表情。星野監督は「選手も気が気じゃないだろう」と心配そうな表情を浮かべた。

 横浜スタジアムで行われていた横浜―ヤクルトは7回表無死で試合を打ち切り。大きな揺れで選手たちはグラウンドに飛び出して、揺れる照明灯などを不安げに見守った。宮城の仙台育英高を出たヤクルトの由規(佐藤由規)は「(仙台市の実家と)電話でつながって大丈夫とのことだった。家族全員無事。家の中はめちゃめちゃになっているそうです。心配」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年3月11日のニュース