PR:

21歳影浦、原沢破りV 女子は梅木が優勝

 柔道のグランプリ大会最終日は26日、ドイツのデュッセルドルフで男女5階級が行われ、男子100キロ超級決勝で21歳の影浦心(東海大)がリオデジャネイロ五輪銀メダルの原沢久喜(日本中央競馬会)に優勢勝ちした。原沢は五輪後初の実戦だった。

 女子78キロ級はリオ五輪代表の梅木真美(環太平洋大)が決勝でフランス選手に一本勝ち。高山莉加(三井住友海上)は準々決勝で敗れたが、敗者復活戦からの3位決定戦に勝った。78キロ超級では田知本愛(ALSOK)が決勝でウクライナ選手に延長戦で敗れた。素根輝(福岡・南筑高)は準々決勝で敗れた後、敗者復活戦からの3位決定戦を制した。

 男子100キロ級のウルフ・アロン(東海大)は決勝でベルギー選手に一本負け。90キロ級の準々決勝で敗れた西山大希(新日鉄住金)は3位決定戦で勝った。

 今大会の日本勢は男子が1階級、女子が4階級で優勝した。

[ 2017年2月27日 06:59 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:06月25日18時〜19時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      スポーツフィッシング

      コラム

      ランニング企画

      スペシャルコンテンツ