PR:

阪神・江越 両打ち挑戦 金本監督も本気「実は左の方がバランス良い」

江越は左打席で一心不乱に打ち込む
Photo By スポニチ

 高知・安芸キャンプに参加している阪神・江越大賀外野手(24)が17日、本格的に両打ち挑戦を始めた。安芸ドームでの個別練習を終えると、その場にへたり込んだ。無理もない。休むことなく90分間、実質、初挑戦といえる左打ちでのみ、ひたすらバットを振り続けた。

 「可能性が広がるのであれば挑戦したい。(今季は)打てなかったですから」

 プライドを捨て、覚悟を決めた。右の長距離砲として期待されながら、3年目の今季は28試合出場にとどまり打率・077、本塁打、打点ともになし。同じ右打ちの外野手である中谷が20本塁打したのとは対照的だった。4年目を迎える来季に多くのチャンスを望むことができないのは分かっている。新たな活路を見いだすための「スイッチヒッター」挑戦ともいえる。

 「難しいことは分かっています。現状で1軍の右投手を打てるとは言えません」

 険しい道のりが待っている。この日の打撃練習でも打ち損じが多々あった。その一方で、メイン球場の三塁ベンチ前から行ったロングティーでは5本の柵越えを披露。ドーム内のマシン打撃でも、外角球を何度も鋭いライナーで弾き返す場面があった。金本監督は期待を込めて言う。

 「バランスとかいろいろ考えてね。(ただ)左の方が(右より)良いスイングをしている。実を言うと、本当に左の方がバランスは良い。彼も良いものが出てくれば、良いと思うし。やっぱり守備力と、あの足は(試合に)欲しいわね。使いたいわね」

 50メートル走5・8秒の俊足に遠投120メートルの強肩を誇る。身体能力はチーム屈指で、地道な努力に何かのきっかけがあれば、一気に開花してもおかしくはない。「大和の成功」が自身の挑戦を後押しした。大和は昨年の秋季練習から両打ちに取り組み苦手だった右投手を打率・276と攻略。シーズン自己最高となる同・280を残した。「大和さんからは右打席の感覚も良くなるという話を聞いていました」。元々の右打ちにも相乗効果が生まれることも期待する。

 当初は秋季キャンプ終了後から取り組むはずだったが、金本監督と話し合い、前倒しを決めた。悲壮な決意は、その行動からも伝わってくる。失うものは何もない。背水の陣で臨む4年目は「挑む」だけだ。(森田 尚忠)

[ 2017年11月18日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:12月15日10時〜11時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム