PR:

稲葉監督 山崎を今永といい間違え「あす大事なところで行ってもらう」

アジアチャンピオンシップ2017予選リーグ   日本8―2台湾 ( 2017年11月18日    東京D )

<台湾・日本>勝利監督インタビューで山崎と今永を間違えて苦笑いをする稲葉監督
Photo By スポニチ

 それほどインパクトが強かったということか。台湾に8―2で快勝し、2連勝で決勝進出。19日の決勝への意気込みを尋ねられた侍ジャパンの稲葉監督の口から驚きの言葉が飛び出した。「今永投手にはあす大事なところで行ってもらう」…。この日、先発した今永(DeNA)の連投宣言!?インタビュアーに「あすも行きますか?」と聞き返され、「あっ、いや、山崎投手ですね」と訂正したが、指揮官が連投を熱望してもおかしくないほど今永の投球は圧巻だった。

 「クライマックス、日本シリーズといい投球をしていたので、いい投球をしてくれるだろうと思っていたけど、予想以上に三振の数が多かった。さすがですね」と指揮官が絶賛する内容で6回を3安打無失点12奪三振。チームを快勝へと導いた。

 8―0の9回に4番手の平井(西武)、5番手の堀(日本ハム)が失点する“ドタバタ”もあったが、守護神の山崎(DeNA)を温存して逃げ切り。指揮官は山崎の起用法について語ろうとして、つい同じDeNAの今永の名が出てしまったようだ。

 決勝の相手は予選リーグ初戦で延長タイブレークの末に逆転サヨナラ勝ちした韓国が相手。「初戦がああいう展開だったので韓国も燃えてくると思う。それ以上の気持ちを込めて戦いたい」。稲葉ジャパンが初代王者へ突き進む。

[ 2017年11月18日 23:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:12月15日12時〜13時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム