PR:

楽天 宮城球場の命名権取得有力 年2億円以上の条件

今季でネーミングライツの契約が切れるKスタ宮城

 楽天の本拠地、宮城県営宮城球場の命名権(ネーミングライツ)の売却先として、球団の親会社の楽天が有力となっていることが14日、県などへの取材で分かった。年内に県が最終決定する。

 2008年から命名権を持っていた日本製紙(東京)が、年内で満了する契約を更新せず、県がスポンサーを募集していた。「日本製紙クリネックススタジアム宮城(Kスタ宮城)」の愛称は消える。

 県などによると、14年1月から3年以上、年2億円以上の条件で売却先を募集していたが、楽天を含む2社が応募し、県教育委員会で審査していた。

[ 2013年12月14日 11:09 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月20日05時〜06時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム