バドミントン五輪代表・奈良岡功大 新技「ドラゴンクロス」披露 「見てもらいたい」

[ 2024年6月26日 04:00 ]

練習を公開した奈良岡
Photo By スポニチ

 バドミントン男子シングルスのパリ五輪代表・奈良岡功大(22=NTT東日本)が25日、都内で練習を公開し新技「ドラゴンクロス」を披露した。

 奈良岡は手首を巧みに使うトリッキーなショットが得意でバックハンドで低い打点から逆サイドに落とすオリジナル技「奈良岡クロス」を持つ。これをジャンプしながら打つ進化版がドラゴンクロス。「奈良岡クロスやドラゴンクロスを(パリ五輪で)見てもらいたい」とアピールした。

 5月に体調を崩し、約3週間練習ができなかったが、今月中旬オーストラリア・オープンで準優勝して復調を印象付けた。メダルが期待されるエースは「五輪に向けて徐々にコンディションは上がっている。パリは初めての舞台なので楽しみながら頑張りたい」と1カ月後の大舞台を見据えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年6月26日のニュース