【バレー女子】世界7位の日本 同6位中国から2セット連取 高さにサーブで対抗 NL決勝T準々決勝

[ 2024年6月20日 19:47 ]

ネーションズリーグ決勝トーナメント   日本-中国 ( 2024年6月20日    タイ・バンコク )

古賀紗理那
Photo By スポニチ

 バレーボールのネーションズリーグ決勝トーナメント準々決勝が20日、タイ・バンコクで行われ、世界ランク7位の日本は同6位の中国と対戦。2セットを連取した。

 第1セットは石川、古賀、荒木、山田、林、岩崎が先発。序盤にサーブで崩しリードを奪ったが、終盤は中国の高いブロックにつかまり、20-20の同点に追いつかれた。そこから再び岩崎の効果的なサーブで3連続ポイントで突き放し、25-21で逃げ切った。

 第2セットは一進一退の攻防。リードを許す展開も、古賀の2連続ポイント、石川のサービスエースで勢いを取り戻した。14-17から5連続ポイントで一気に逆転。25-21で2セット目もものにした。

 5月31日の1次リーグでの対戦は3-1で勝利。大会前の対戦成績は46勝161敗と大きく負け越しており、22年の世界選手権から23年のアジア大会まで4連敗していた。

 日本は1次リーグでパリ五輪出場権を獲得。通算成績は8勝4敗で、5位で1次リーグを突破した。パリ五輪では1次リーグB組で、世界ランク1位の強豪ブラジル、同4位のポーランド、アフリカ選手権10回優勝のケニアと同組。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年6月20日のニュース