豪栄道 大関昇進決まる、伝達式口上は「大和魂を貫いてまいります」

[ 2014年7月30日 09:02 ]

大関昇進の伝達を受ける豪栄道(右)。左は境川親方=30日午前、愛知県扶桑町の境川部屋宿舎

 日本相撲協会は30日、愛知県体育館で大相撲秋場所(9月14日初日・両国国技館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、東関脇豪栄道(28)=本名沢井豪太郎、大阪府出身、境川部屋=の大関昇進を満場一致で決めた。

 相撲協会は出来山理事(元関脇出羽の花)と大鳴戸審判委員(元大関出島)を愛知県扶桑町の境川部屋宿舎に使者として派遣。昇進伝達式で豪栄道は「これからも大和魂を貫いてまいります」と口上を述べた。

 新大関の誕生は2012年春場所後の鶴竜以来で、日本人力士の大関昇進は11年九州場所後の稀勢の里以来。秋場所はモンゴル勢の3横綱の下に日本人3大関が座る。

 豪栄道は記者会見で、口上に盛り込んだ大和魂について「日本人の我慢強さ、潔さが込められている」と説明。今後に向け「次の目標は優勝。横綱だけじゃなく、どんな力士にも負けたくない」と抱負を述べた。師匠の境川親方(元小結両国)は「強さを過信せず、一生懸命稽古をしてきた。いつかはやってくれる男だと思う」と初優勝に期待した。

 元高校横綱の豪栄道は27日終了の名古屋場所で2横綱を破り、12勝3敗の好成績を挙げた。関脇を昭和以降最長の14場所連続で務めた。新入幕から所要41場所の昇進は史上6位の遅さ。大阪府出身の大関は1970年名古屋場所後の前の山以来で昭和以降2人目。

 ▼北の湖理事長(元横綱)の話 満場一致で承認した。自分のいい相撲を出して、あくまで大関は通過点として横綱を目指してやってもらいたい。モンゴルの力士が横綱に3人いるので、そこに食い込んでいってほしい。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2014年7月30日のニュース