泉大津市長、3300円マスク持参で官邸訪問 首相からは「高いと言っているわけでは…」とコメント

[ 2020年4月22日 19:42 ]

「3300円マスク」を木原稔首相補佐官に手渡す泉大津市長の南出賢一氏。右は日本維新の会 遠藤敬国対委員長
Photo By スポニチ

 大阪府泉大津市の南出賢一市長(40)が22日夕、首相官邸を訪れた。安倍晋三首相が17日の会見で朝日新聞記者に対する“口撃”を行った際に突然言及した「3300円のマスク」は同市の老舗繊維メーカーが生産。市長は「議論が間違った方向に進んでいる」としてマスクの性能や生産した経緯などの説明を行うため、足を運んだ。

 同市を含む大阪18区選出の日本維新の会国対委員長、遠藤敬衆院議員も同行し、一行には木原稔首相補佐官が対応。遠藤議員とともに注目の“2枚3300円のマスク”を着用した南出市長は、木原氏に早速マスクを手渡した。

 泉大津市は「繊維のまち」として知られる。“3300円マスク”は市長と地元の商工会議所がマスク不足解消を目指して市内の繊維メーカーに呼び掛けて生産したもの。市関係者は「一つ一つ手作りで四層式。抗菌力にすぐれていて150回洗って使えます」と胸を張る。

 ところが、首相が17日の会見で、布マスク配布の評価を尋ねた朝日新聞記者に「御社のネット(通販)でも布マスクを3300円で販売しておられた。つまり需要も十分ある中で配布した」などと語ったため、ネット上には「ぼったくり」などの批判が続出。泉大津市の生産者の間では「性能の高さを知ってほしい。言われっぱなしは悲しい」などの声が出ていた。

 南出氏はこの日、木原氏を通じて首相から「決して高いと言っているわけではなく、価値があるものだ。日本のものづくりの技術が結集されたものだと認識している」とのコメントを受け取ったことを明かした。

 南出氏は「批判しに来たわけではない。国と地方の一致団結が必要だ」と報道陣に対応。木原氏は、首相の分を合わせて布マスク4枚を6600円で購入したという。

続きを表示

「ジャニーズ」特集記事

「芸能人の不倫」特集記事

2020年4月22日のニュース