ノーベル化学賞を受賞した吉野彰氏の母校・北野高でも歓声 後輩も驚きの声「尊敬します」

[ 2019年10月9日 20:19 ]

会見で笑顔を見せる吉野彰氏(AP)
Photo By AP

 ノーベル化学賞を受賞した吉野彰氏(71)の母校である大阪の名門・北野高校ではすでに生徒は帰宅。職員室にも数人の教員しか残っていなかったが、午後6時50分頃に受賞の知らせが届くと、拍手と歓声に沸いた。

 電話で対応した森田里江子教頭は「毎年のように候補に挙がられていたので。よかったですね」と語った。

 下校中の生徒も一様に驚きの声。2年生男子生徒は「北野OBに受賞者がいなかった。素晴らしいですね」と感慨深げ。同じく2年生男子生徒は「自分と同じ高校の、同じ環境にいた方がノーベル賞とは驚きです。尊敬します」。京大工学部を目指している2年生野球部員は「偉業ですね。ボクらは野球も勉強も両方、頑張ります」と語った。

続きを表示

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

「結婚特集」特集記事

2019年10月9日のニュース