横浜・中沢佑二主将「状況判断が重要」高い最終ライン適応意欲

[ 2018年2月20日 05:30 ]

プレシーズンマッチFC東京戦で久保(左)をマークする横浜のDF中沢                     
Photo By スポニチ

 横浜は17日、18日にFC東京との練習試合が行われたため、選手はリカバリーメニューをこなした。

 攻撃的サッカーを目指すポステコグルー監督は最終ラインを高い位置に設定。そのため、2戦とも裏の広いスペースを突かれ失点するシーンがあった。DF中沢は「ゲーム状況に応じた個々の判断が重要になる。これまでマリノスがストロング(武器)にしてきた守備の部分を変えていかないといけない」と説明。25日の開幕戦に向け最終準備を進めていく。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2018年2月20日のニュース