【江戸川ボート にっぽん未来プロジェクト競走】水谷理人&土井歩夢の132期コンビがそろって優出

[ 2024年6月20日 19:06 ]

優勝戦進出を果たした132期の水谷理人(右)と土井歩夢
Photo By スポニチ

 <江戸川21日12R優勝戦>ボートレース江戸川の「にっぽん未来プロジェクト競走in江戸川」は5日目が終了。21日の最終日12Rで優勝戦が行われる。

 この優勝戦にデビュー2年目を迎えたばかりの132期生が2人も駒を進めた。1人目は水谷理人(21=香川)だ。先月26日、まるがめ一般戦で同期最速Vを飾った若武者は今シリーズも予選を2位で通過。20日の準優勝戦11Rは1コーナーで小坂尚哉と古賀繁輝に差されたが、この2人が2周1コーナーで競る隙を突いて逆転勝利。通算3度目の優勝戦進出を決めた。「ターン回りは上位クラスにいる。流れも向いていると思います」と手応えも良好。狙うは当然、2度目の戴冠だ。

 水谷の粘り強い走りに土井歩夢(21=福岡)が続いた。準優勝戦12Rは1周目こそ4番手に置かれていたが、格上の原田篤志を3周目で逆転して3着。初めて予選を通過した勢いそのままに、準優勝戦まで突破してみせた。こちらも「回った後の足が良くてトップ級」と感触は抜群。栄冠をつかみ取れるだけのパワーを備えている。

 水谷は2号艇、土井は5号艇で出走する優勝戦。4人の先輩A級レーサーに挑む132期コンビからも目が離せない。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年6月20日のニュース