【西武園競輪 F2ナイター 初日】岡本二菜が人気に応えて快勝「緊張で脚がカクカク」

[ 2024年6月15日 18:49 ]

捲りで押し切った岡本二菜
Photo By スポニチ

 <西武園初日6R>

 西武園F2ナイターが15日開幕した。6Rのガールズは人気の中心に推された岡本二菜(26=東京・118期)が捲りで快勝。幸先良く白星スタートを切った。

 ラスト1周4番手からスパートした岡本。「ペースで駆けようと思いすぎてしんどかった。自分の脚(脚質)と違うことをしてキツかった」。真後ろに山口優依が続く展開になりゴール前は迫られたものの末良く踏ん張ってみせた。捲りで押し切った岡本は「最後は差されたかと思った。緊張して脚がカクカクで回ってなかったです」と安どの表情で振り返った。

 G1組が不在の今シリーズ。通算5Vの岡本が優勝候補の1人に挙げられるが「私が優勝する時は大金星と言われるケースが多い。こういう開催でプレッシャーに負けず勝ちきれるようになりたいですね」と重圧をはね返していく覚悟だった。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年6月15日のニュース