【平和島ボート 第24回日刊ゲンダイ杯】6戦オール連対の石川真二が勢いそのままにV飾る

[ 2024年6月15日 20:10 ]

予選をトップで通過し、優勝戦の1号艇を手に入れた石川真二
Photo By スポニチ

 <平和島16日12R最終日>石川真二(54=福岡)がシリーズ6戦4勝オール連対の大活躍で優勝戦の1号艇を手に入れた。

 15日の予選最終日は8Rで4号艇から軽快なピット離れで2コースを奪って差し切り勝ち。続く12Rはインから押し切り、連勝を飾って得点率トップに浮上した。

 「出足はいいし、行き足も悪くない。伸びは小坂宗司選手の方がいいと思うけど、スタートをしっかりいければやられることはないと思う」。出足中心に好仕上がりを見せる。

 16日の優勝戦12Rは1号艇で登場する。2号艇には伸び強力な小坂が構えるが、先に回れば逃げ切れる。スタートに集中して、平和島5度目の優勝を飾る。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年6月15日のニュース