【住之江ボート auじぶん銀行賞 6日目】10R予想 金田諭が流れをつかんだ

[ 2024年6月15日 04:30 ]

金田諭
Photo By スポニチ

 住之江ボート「auじぶん銀行賞」は7日間のロングシリーズ。15日に6日目を迎え、準優3番が争われる。

 注目は予選を得点率トップで通過した金田諭が1号艇の10Rだ。機力はトップ級とはいかないまでもバランスは取れている。仕掛けを失敗しなければ押し切りが有力だ。

 相手は地元の繁野谷圭介。型通りの差しでまずは優出を目指すとみた。パワー上位の伊藤紘章がセンターから果敢に攻め込むと4コース想定の松尾祭にも出番がある。

 <1>金田諭 足はバランスが取れて中堅より少しいいぐらい。一緒の人もやられる人もいますね。もう微調整ぐらいで。

 <2>繁野谷圭介 整備してちょっとは上積みあるけどパッとしない。現状は全体的に中堅ぐらい。ペラで上積みを求めてみます。

 <3>伊藤紘章 両面叩いて行ったけど、足はメチャメチャいいです。特にレース足。乗り心地も悪くない。スタートも大体行けてる。

 <4>松尾祭 足はもらったままなので変わってないですよ。上はいますがスリット近辺は足はいい。他の足も水準はある。

 <5>田中宏樹 5日目は2走ともチルト1度で行った。足は抜群。乗れる感じもありますね。スタートも行ける感じ。

 <6>森安弘雅 ペラのピッチを緩くして乗れるようにはなったけど、足は普通あるかどうか。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年6月15日のニュース