【岸和田競輪 高松宮記念杯】準決勝12R 古性優作が盤石の番手戦だ

[ 2024年6月15日 04:30 ]

寺崎追走から鋭く抜け出す古性
Photo By スポニチ

 岸和田競輪場で開催中の「第75回高松宮記念杯競輪」(優勝賞金4790万円)は、15日に5日目を迎え東西の準決勝が行われる。準決勝12R(西)は寺崎浩平目標の古性優作が主役を務める。

 古性は今回、動きに不安はない。寺崎を目標に、反撃してくる選手をけん制して抜け出す。寺崎が残すか。

 動きの光る藤井侑吾がスパートを決めるシーンも。浅井康太が巧追から浮上する。三谷竜生は中団キープして捲り迫る。三谷には山本伸一が続く。単騎の野田源一、桑原大志は乱戦なら出番あり。

 <1>寺崎浩平 脚の状態は悪くない。自力。

 <2>浅井康太 冷静にコースを見極めすり抜けることができた。少しずつ上がっています。藤井君。

 <3>三谷竜生 反応はできているので調子自体は悪くない。自力。

 <4>山本伸一 展開もあるが連日の脚の感じはいい。三谷君の後ろ。

 <5>古性優作 脇本さんが出る前に行かないと、と思ったが併され脚がパンパンです。寺崎君へ。

 <6>野田源一 初速はきついが付いていければ地脚が生きます。自力自在。

 <7>山田久徳 周りのレベルが高過ぎます。古性君。

 <8>桑原大志 暑さは大丈夫。位置は決めずに。

 <9>藤井侑吾 ホームでちょっと緩んだので、行ければ良かったが勇気がなかった。自力。

続きを表示

「アイビスサマーダッシュ」特集記事

「クイーンS」特集記事

2024年6月15日のニュース