【ステイヤーズS】キングズレイン動き絶品!新コンビのビュイック「グッドコンディション」

[ 2023年11月30日 05:16 ]

ビュイックを背に併せで追い切るキングズレイン(左)(撮影・村上大輔)
Photo By スポニチ

 中山土曜メイン、暮れの名物マラソンレース「第57回スポニチ賞ステイヤーズS」の追い切りが行われた。3歳キングズレインが美浦Wコース併せ馬で絶好の動き。重賞初制覇へ万全をアピールした。

 「活気があるし、出来は間違いなくいい。これは楽しみになったね」

 手塚師も思わずうなる最終リハだった。キングズレインは新コンビ・ビュイックを背に、Wコースでマイネルファンロン(8歳障害未勝利)と併せ馬。5馬身追走する形でスタートし、道中は折り合いに専念する。じわじわ差を詰め迎えた直線。抑え切れない手応えで内から僚馬をあっさりかわすと、ゴール前は鞍上の合図にしっかり反応し鋭伸。5F68秒2~1F11秒7をマークし1馬身先着した。

 初めてコンタクトを取った英国の名手は、絶品の動きに興奮気味。「グッドコンディション!彼の前走を見ていたが、やっぱりグッドホースだね」と褒めちぎった。手塚師は「正直に言ってくれるジョッキー。ダメな時はダメって言うからね。そんな人がそう言うんだから、本当に状態はいいんだろうね」と鞍上のジャッジを信頼する。

 秋初戦となった前走セントライト記念(5着)を叩き馬体が変貌。「前までは幼児体形だったけど、しっかり筋肉が見えるようになってメリハリもある。背も大きくなった。大人になったね」。“マッチョ化”に伴い、走りのバランスも良化。クモズレ(後肢の球節の下部にできる円形のむくれ傷)の心配がなくなり、ここまで順調に調教を積めている。

 舞台は中山3600メートル。経験の浅い3歳にとって過酷な条件だが、ビュイックは「この馬はおそらくステイヤー。乗りやすい馬だし問題はないね」と適性に太鼓判を押す。手塚師が「重賞を勝てる力はある。(19年V)モンドインテロより自信はあるよ」と期待する。そのモンドをVへと導いたビュイックの手綱が、何より心強い。念願の重賞初Vへ準備は整った。

続きを表示

「弥生賞ディープインパクト記念」特集記事

「チューリップ賞」特集記事

2023年11月30日のニュース