×

【日本ダービー】ドウデュースが7522頭の頂点に!武豊「もう、感無量」史上最多6度目V

[ 2022年5月29日 15:45 ]

G1・日本ダービー ( 2022年5月29日    東京競馬場 芝2400メートル )

<東京11R日本ダービー>日本ダービーを制した武騎乗のドウデュース (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 3歳馬のナンバーワンを決める日本ダービーは、ドウデュース(牡3=友道)が昨年の朝日杯FSに続くJRA・G1通算2勝目を挙げた。2019年に生産されたサラブレッド7522頭(持込馬、輸入された外国産馬を含む)の頂点に立った。

 ドウデュースは父ハーツクライ、母ダストアンドダイヤモンズ(母の父ヴィンディケーション)の血統。通算成績は6戦4勝。重賞は昨年の朝日杯FSに続く2勝目だった。

 武豊は昨年の朝日杯FS(ドウデュース)以来となるJRA・G1通算79勝目。日本ダービーは98年のスペシャルウィーク、99年のアドマイヤベガ、02年のタニノギムレット、05年のディープインパクト、13年のキズナに続く6勝目。自身が持つ歴代最多勝記録を更新した。友道師は今年の大阪杯(ポタジェ)以来となるJRA・G1通算16勝目。日本ダービーは16年のマカヒキ、18年のワグネリアンに続く3勝目だった。

 レース後、武豊は「もう、感無量。ほんとにうれしいです。(ダービー勝利は)久しぶりだったので、やっぱり最高。これほど幸せな瞬間はない」と歓喜に浸った。

 ▽日本ダービー 1780年創設の英国ダービーを範とし、1932年に第1回が行われた3歳馬の頂点を決するレース。皐月賞、菊花賞とともに「牡馬3冠」を形成する。正式名称は「東京優駿」で50年から「日本ダービー」の副称がついた。馬産の奨励、繁殖馬の選定が主眼だった経緯から現在も牡馬、牝馬のみが出走可能。セン馬は出走できない。

続きを表示

「CBC賞」特集記事

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

2022年5月29日のニュース