×

【ヴィクトリアM】重巧者ディヴィーナが差す!道悪…緩いペースから強力先行勢つぶし合い

[ 2022年5月14日 05:30 ]

ディヴィーナ(撮影・亀井直樹)
Photo By スポニチ

 今季のG1新企画「展開王」。開幕戦の高松宮記念は、週中に推した3頭で3連単278万4560円のビッグ配当となった。マイル女王決定戦のヴィクトリアMは雨が残りそうな様相。道悪をうまく味方に付けた上がり馬ディヴィーナに激走の予感が漂う。

 東京の雨は木曜午後から降り続け、やや勢いが落ちてきた。当初は日曜も雨予報だったが、金曜時点では曇りマークに。ヴィクトリアMはやや重~重の範囲で開催されそうだ。それなら本命ディヴィーナにチャンスが出てくる。

 ◎は3勝クラス・豊橋Sを勝った直後。確かに過去10年で3勝クラス組は【0・0・0・8】と振るわない。マイルG1の厳しい流れに戸惑い、出走した8頭中7頭が本番で前走よりポジションを下げてしまった。だが、今年は水分が残る芝コンディション。ハナのローザノワールにレシステンシア、ソダシ、レイパパレ、デアリングタクトと強力先行勢が続くが各馬、序盤での消耗は避けたいところ。ややおとなしめのペースに収まれば、◎も中団くらいでは運べる。過去の条件戦組のように流れに乗れないままレースが終わることはない。

 連載3回目で紹介したが、過去10年でやや重で行われた2回(17、18年)は6、8番人気馬が勝利。アドマイヤリードが勝った17年は3連単の配当が91万8700円もついた。共に先行馬が早めに苦しくなっての差し決着。今年も抜け出したレシスを目掛け、ソダシ、レイパパレが動き、そこにデアリングが襲いかかる。道悪での消耗も重なり、ゴール前は死闘に。しかし、良馬場以外で【2・1・1・1】の◎が中団で脚をためれば余力は十分。おいしいところを持っていく。

 母は13、14年ヴィクトリアM連覇を達成したヴィルシーナで、父は15、16年の安田記念で1、2着だったモーリス。東京マイルG1を勝つために生まれてきたような血統だ。1週前追いはCWコースで抜群の動きを披露し、前走以上は明確。展開&馬場を味方に付けて大金星を目指す。

続きを表示

「2022 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2022年5月14日のニュース