×

競輪・高木真備が引退セレモニー 今後は「まだ詳しくは言えないが、決まったらSNSなどで発信したい」

[ 2022年5月4日 15:21 ]

<立川競輪場>ラストランを行った高木真備
Photo By スポニチ

 4月3日に引退を発表した高木真備(27=東京・106期)が立川競輪場で引退セレモニーを行った。セレモニーではハートをあしらったピンクの愛車で“ラストラン”。横断幕も出る中、集まった多くのファンに手を挙げ声援に応えながら、ゆったりと最後のバンクをかみしめるように3周半した。立川市から花束を贈られると高木は「8年間たくさんの応援、本当にありがとうございました。最終的にグランプリを獲れて最高の競輪人生でした」とファンへ感謝を伝えた。

 昨年末に念願だった、ガールズグランプリを制して「やり切った」として電撃引退を発表。愛らしいルックスもあり16年にはファン投票1位を獲得するなど実力、人気を兼ね備えたトップレーサーだった。今後については「保護犬、保護猫を助けたいと思っていたが、この1カ月で保護される前に何かしないといけないと分かった。まだ詳しくは言えないが、勉強して決まったらSNSなどで発信したい。そのためにも少しでも発信できるようになるなら、今後も競輪関係のお仕事も依頼があれば受けたいと思う」と話した。また、セレモニーを区切りとして数日後に選手手帳を返還し、正式に引退となる。

続きを表示

この記事のフォト

「小倉記念」特集記事

「関屋記念」特集記事

2022年5月4日のニュース