×

【中京新馬戦】アスクビギンアゲン 厩舎ゆかりの血統がベール脱ぐ!梅田師「息はできています」

[ 2022年1月28日 05:30 ]

 厩舎ゆかりの血統がベールを脱ぐ。中京日曜6R(芝2000メートル)に出走するアスクビギンアゲン(牡=梅田、父ハービンジャー)はきょうだい全てが梅田厩舎に所属。半兄ファンタジストは重賞2勝、半姉コロラトゥーレは7歳でオープン入り。梅田師は「まだ上と比べるのはかわいそう」と前置きした上で「使いながらという感じはあるけど、入厩してからへこたれることなくここまできた。乗り込んでいますし、息はできています」と見通しを語った。1カ月かけて丹念に本数を重ねた。その血筋からも注目が集まる。

続きを表示

「2022 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2022年1月28日のニュース