×

【阪神JF】ラブリイユアアイズ 道悪でも苦にせず、黒岩師「今の阪神の芝はいい」

[ 2021年12月9日 05:30 ]

ウッドチップコースで追い切るラブリイユアアイズ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 京王杯2歳S3着ラブリイユアアイズはWコース単走で6F83秒6~1F12秒3。雨でぬかるんだ馬場も苦にせず、力強い走りを見せた。黒岩師は「調教でしっかり動けるようになりました。気持ちが強いので荒れ馬場は大丈夫だし、開催が進んだ今の阪神の芝はいいのでは」と仕上がりに満足げ。初のマイルが鍵となりそうで、「まだちょっと長い印象」と思案顔だった。

続きを表示

「2022 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2021年12月9日のニュース