【アイビスSD】ビリーバー 外枠を引ければ、石毛師「内枠だと厳しい」

[ 2021年7月21日 05:30 ]

 昨年3着のビリーバーは近況いまいちも、状態が上向いてきた。石毛師は「ここを目標にしっかりやれて、先週の追い切りの動きも良かった」と伝える。2走前の“前哨戦”韋駄天Sは7着も、この時は不利な1枠2番だったため参考外としていいだろう。「内枠だと厳しい。外枠さえ引ければ、違った結果を求められる」と好枠を切に願っていた。

続きを表示

「2021 秋華賞」特集記事

「府中牝馬S」特集記事

2021年7月21日のニュース